日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークのブログです。イベント・デモ情報などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本軍「慰安婦」犠牲者ハルモニたちのための追悼会・第793回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ声明書

2007年12月26日、韓国・ソウルで793回の水曜デモが行われました。同時に11回目の亡くなられた被害女性たちを追悼する会も行われました。

第11回亡くなられた日本軍「慰安婦」犠牲者ハルモニたちのための追悼会
及び第793回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ声明書


2007年、遠い道へと旅立たれたハルモニ13名のお名前を記憶しつつ、今日,この場に立った。歴史の暗闇を全身で経験しなければならなかったその生、戦争による暴力の前に
崩おれねばならなかったその生が、私たちの心の中に冷たい風となって吹きすさぶ。

たとえ、命は消え、重い荷は、私たちの前に残されているとしても、この1年、私たちは希望の火種が消えなかったことを確認することができた。真実と正義は永遠に眠ることなく歴史を正すのだという信念を確認できた。

7月米国で、11月オランダで、次いでカナダで、12月欧州連合で、日本軍「慰安婦」 問題の真実を正しく伝える努力が実を結んだ。日本政府の公式謝罪を求める各国の声は、今や逆らうことのできない歴史の流れとなって、真実の前に目をつぶり、耳をふさいでいる者たちを呼び覚ましているのである。

私たちは世界の良心と共に、抑圧に打ち勝つ女性たちとともに、そして、ここから、堂々と闘争へと歴史を証言するハルモニたちとともに、戦争のない世界、暴力が正義に勝つことのできない世界を造るために、立ち止まることなく、歩み続けるであろう。

ハルモニたちの生が、これ以上、恨(ハン)と苦痛に彩られることのないよう、私たちは強く要求する。再び、戦争によって人権を蹂躙される女性たちが、この地上に生じないことを願いながら、日本政府に協力に求める。

●日本政府は正義を要求する各国の声を聞き、直ちに、日本軍「慰安婦」 問題について
責任を履行せよ。日本政府は日本軍「慰安婦」 被害者たちが、一人でも多く生きて折られる間に公式謝罪と法的賠償を行なえ。
●日本政府は日本軍「慰安婦」 のような人道に反する戦争犯罪が再びこの地に起こること
 のないよう未来の世代を教育し、平和を約束せよ。
● 日本軍「慰安婦」 被害者に名誉と正義を!!

2007年12月26日

第11回亡くなられた日本軍「慰安婦」 犠牲者たちのための追悼会及び第793回日本軍「慰安婦」 問題解決のための定期水曜デモ参加者一同
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。