日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークのブログです。イベント・デモ情報などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相の慰安婦強制の否定

オランダの元捕虜と抑留者の団体は韓国の水曜デモと歩調を合わせ、
しかし彼らのペースで月に一回、日本大使館前でデモをし、要請書
を提出します。これは3月の分です。

     * * * * * * *

対日名誉負債財団
国連協議資格NGO

日本国首相安倍晋三閣下

ハーグ、2007年3月13日
請願:148

主題:強制性奴隷制の否定。


閣下、

ホロコーストを否定するとドイツでは刑事犯犯したことになり、罰を受けねばなりません。日本軍が第二次世界大戦中に組織的に女性に売春を強制したことを否定することが、明らかに日本の新政策のようです。あなたの前任者の謝罪と後悔の念の表明のすべては無意味であり、偽りだったと考えられることになります。

どうやって貴君は1992年に公表された日本語の文書を否定することができるのです。
被害者の、元兵士の、そして元医師の証言を否定できるのですか。また、どうやって国連の報告を否定できるのでしょう。


1つだけ説明が可能です。:貴君はそれが真実だと心配しており、その結果に直面する勇気がないのです。

アメリカ下院で上程された決議は、他の多くの国家の中でも特にアメリカが日本に真実の謝罪を求めていることを明らかにします。
女性に売春を強制したことへの日本軍の直接の関与をを否定することによって、日本がこれまでの謝罪と誠意と呼んだものが価値のないものであることを示しました。私たちはこのことを心から残念に思い、その立場を変更するようお願い、いや要求します。


対日名誉負債財団
J.F.ヴァン・ワグテンドンク
会長

cc国連:
人権理事会議長
オランダ政府:
オランダ大統領
欧州委員会議長
ハーグ駐在米国大使
ハーグ駐在中国の大使
ハーグ駐在大韓国共和国大使
ハーグ駐在インドネシア共和国大使
フィリピン大使
   *   *   *   *
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。