日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークのブログです。イベント・デモ情報などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8・8世界連帯同時行動 in 大阪

8・8世界連帯同時行動in大阪

今年も暑い夏がやってきました。

8月15日は日本の敗戦の年であり、かつての戦争を想い起こし、戦争による膨大な被害者の霊の前に平和を誓う日でもあります。

しかし、日本軍「慰安婦」被害者の人々にとっては、いまだ癒えない傷の痛みを一層辛く感じる日でもあります。

戦後62年、日本政府はこれ以上過去の戦争犯罪をうやむやにし、戦争を美化し、被害者の訴えに顔を背けることは国際社会が許さないでしょう。

日本軍「慰安婦」問題を解決することで、日本が正義と平和を実現するため新たな出発点に立つことを私たちは強く求めます。

8月8日は韓国の水曜デモに連帯し、また世界各国、日本各地での行動につながり、大阪でも昨年に引き続き、連帯行動を行います。
皆さんの参加をお待ちしています。

もう待てない・・・
日本政府は被害者らに公式謝罪と賠償を!
8・8世界連帯同時行動in大阪


<とき>8月8日(水) 午後7:00~8:00
<ところ>JR大阪駅前歩道橋上にて


●行 動 内 容●
7:00~ スタンディング&パフォーマンス
  ※各自メッセージを描いたうちわやポスター、写真など持ってきてください!
7:30~
  リレーアピール、歌と踊り、共同アピール朗読など
              
■大阪では毎月第一水曜日午後7時から8時まで同場所で水曜集会を行なっています。

大阪周辺の皆さん、ぜひお立ち寄りください。
スポンサーサイト

世界同時連帯行動 in 京都

8月8日の水曜日は、世界同時水曜行動の日です。

旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会は1日に引き続き水曜行動を計画しています。世界各地、日本各地で行動が行われます。皆様の参加を再度呼びかけます!

●午後6時から7時すぎまで
●三条大橋にてスタンディング(京阪電車三条駅)

 韓国やフィリピンなどの被害女性の写真やプラカードを持ちキャンドルを灯します。世界各地の被害女性や亡くなった被害女性たちに思いを馳せます。
 私たちが作った「慰安婦問題Q&A」のミニパンフやチラシを配ります。
 自作のチラシ、プラカードもどうぞオモチください。

3日,大阪で証言集会のために来日していた韓国・ナヌムの家の李玉善(イ・オクソン)ハルモニのお話を聞いてきました。
イ・オクソンハルモニは、被害女性たちに直接会おうともしない日本政府・安倍に対する怒りを言葉にし、「日本政府が謝罪しないのは日本がまた戦争をするつもりだから」とはっきりと言われました。ハルモニのお話は、日本軍に中国の見知らぬ土地に無理やり連れていかれ被害にあったこと、父親も日本軍に殺されたこと。2000年まで韓国に帰ることもできなかったこと、帰ってきても両親は死んでおり、自分も死んだことになっていたことなど、無念の気持ちがほとばしっていました。

毎週水曜日に、日本大使館前で抗議し続けているハルモニたちに思いを馳せて、私も参加したいと思います。粘り強くいきましょう!

○問い合わせ:TEL 090-8124-7752
http://shogenkyoto.blog70.fc2.com/

AN APPEAL TO THE AMERICAN PEOPLE

AN APPEAL TO THE AMERICAN PEOPLE   (日本語はこちら)
 On July 30, 2007, the House of Representative of the United States of America will be voting on House Resolution 121 which calls on the Government of Japan to “formally acknowledge, apologize, and accept historical responsibility in a clear and unequivocal manner for its Imperial Forces coercion of young women into sexual slavery.


 Lila Pilipina, an organization of Filipino women survivors of Japanese Military Sexual Slavery and Advocates and Gabriela National Alliance of Women in the Philippines welcome this development in the quest of all victims of wartime sexual slavery for their long-sought justice. While we are fully aware that the passage of this resolution cannot compel the Government of Japan to make the rightful reparations for its wartime crimes against the women abused during the Second World War, it is heartening to know that there are individuals in the government of the United States whose concern for women goes beyond time and borders.


 For the people of the United States who uphold the rights and welfare of women all over the world, we urge you to support the comfort women’s fight for justice a fight that goes beyond public apology and reparations. It is a fight, essentially, to learn from history so that it may never happen again.


 We urge you to go beyond their issue. Systematic rape and abuse of women is a tool of wars of aggression. The harrowing experience of Filipino, Korean and Chinese women in the hands of Japanese Imperial Army was repeated in various other wars of aggression after WWII. Thus, we urge you to support all efforts to put a stop to the current atrocities being committed against women in wars of aggression including the ones you government is sponsoring.


Echo the Shouts of the Elderly Lolas of Lila Pilipina:

NO TO WARS OF AGGRESSION !!!

NO TO ANOTHER GENERATION OF COMFORT WOMEN !

LILA PILIPINA SUPORTS THE MIKE HONDA BILL

LILA PILIPINA SUPORTS THE MIKE HONDA BILL

CHALLENGES JAPANESE GOV’T ANEW (日本語はこちら)


As the world watches on how the US Congress will vote on the Mike Honda Bill, we know that the Japanese government watches closer. The said bill seeks the historical recognition and unequivocal apology from the Japanese government over the comfort women issue. Once passed, the bill marks another milestone in the fight for justice of the former comfort women.

In the view of these unfolding events, we once again challenge the Japanese government to reciprocate or, furthermore, make bold moves toward the dispensation of justice on the issue of the comfort women. The admission of the Japanese government’s incapability to gave legal remedy to the said issue is not enough. Every opportunity and resources is upon the Japanese government to meet the necessary legal requirements to do so. What remains lacking is the political will and action to meet this challenge and bring back the honor and dignity of these women.

Many comfort women may have passed but the clamor for justice remains. Their ugly past and unanswered demand still haunts the Japanese government. These women, their memories and their demands will only be put to rest once the Japanese government learns, accepts, and gives justice unto them.

Action Network’s statement

Action Network’s statement (日本語はこちら)

We welcome the U.S. House Resolution on the “Comfort Women” Issues Japanese Government should respect and implement the Resolution
July 30, 2007

Japan Action Network for the military Sexual Slavery Issue

Seventeen years have past since the issues of Japanese military sexual slavery or “comfort women” were first raised. Today, July 30, 2007, Resolution 121 on the Solution of the “Comfort Women” has passed the U.S.House of Representatives. We respectfully appreciate the Resolution, finding a firm consciousness of human rights inscribed in it.

The Japanese Government should pay respect to what the Resolution means. While the Japanese Government has neglected the voices of victims and paid little attention to a number of recommendations and advices made by the international bodies, the Resolution requests the Japanese Government to take historical responsibility, pointing out the importance of redress for the victims. It is unacceptable that Mr. Shinzo Abe ignores it as “just one of a lot of resolutions made in other country.”

Mr. Abe, as the Prime Minister of Japan that is the perpetrating country, has to understand he is obliged to redress the damage to the human rights of the survivors. His statements questioning whether there was “forceful recruitment in narrow sense” shows that he does not understand the extent and scale of the perpetration or recognize the crimes committed against the victims. He has to seriously admit that the crimes were actually committed, make apology and ask for forgiveness from the survivors. The Japanese
Government should rather take pride in taking measures for redress and rehabilitation for the victims “in unambiguous forms” as requested by the Resolution.

We request the Japanese Government to accept the Resolution and implement it without delay, and demand the followings:

(1) Hold hearings of testimonies of survivors from each country at the National Diet

(2) Deliver a publicly approved letter of apology to each of survivors.

(3) Deliver compensations to victims taking necessary legislation measures.

(4) Include the “Comfort women” issues in history and human rights education curriculum.

We, as members of the organizations that have conducted interviews with victims or field researches, supported the court cases, had communication with survivors or organized the Women’s International War Crimes Tribunal on Japan’s Military Sexual Slavery in 2000, are determined to keep monitoring and acting, in solidarity with international partners, in order to press the Japanese Government to follow the path for restoring human rights as requested by the international community as well as by this Resolution.

*******

Member groups of the Japan Action Network for the Military Sexual Slavery
Issue are as
follows:

Association Supporting the “Kanpu Trial” Case and Facing Japan’s Post-war Responsibility
Japanese Committee for Filipino ‘Comfort Women’
Santama Support Network for Philippine Victims of Japanese Military Sexual Slavery (”Lola Net Santama”)
LUNAS–Let’s Walk Hand in Hand with Filipino Former “Comfort Women”
Japan Catholic Council for Justice and Peace
Support Group for the Lawsuit of the Korean Former “Comfort Woman” Resident of Japan
Support Group for the Lawsuit of Chinese “Comfort Women”
The Group to Find Truth in Shanxi Province
Taiwan Comfort Women Legal Support Group
Network to Demand an Apology and Compensation for Women Victims of Japan’s Military Sexual Slavery in Hainan Island (Hainan-Network)
Women’s Committee, National Christian Council in Japan
Japan Anti-Prostitution Association
All Japan Network for Forced Labor Litigations
Support Group for Women Victims of Sexual Slavery by the Japanese Military
Association of Korean Democratic Women in Japan
Kyoto Planning Committee, National Forum to Hear Testimonies of the Former “Comfort Women”
The Japan East Timor Coalition
Group Supporting the Museum for Former “Military Comfort Women”
Catholic Tokyo Archdioceasan Committee for Justice & Peace
Japan’s Military Sexual Slaves Problem Committee of Church of Christ in Japan
KYOFUKAI-Japan Christian Women’s Organization
Citizens’ Network in Fukuoka Demanding Redress Measures for the Former “Comfort Women”
Kyushu Christians’ Association that Addresses the “Comfort Women” Issue
Women’s Empowerment Center Fukuoka
The Japan Committee for Joint Actions to Promote Cooperative Relations with Asia
Fukuoka Planning Committee, National Forum to Hear Testimonies of the Former “Comfort Women”
Supporters of “Kanpu Trial”
Active Group Toward Peace
Group with MALU
“Free and Easy Red Dragonflies in Azumino”
Association in Osaka for a Settlement of the Imperial Japanese Army’s Sexual Slavery Issue
Women’s Active Museum on War and Peace (WAM)
Violence Against Women in War ? Network Japan (VAWW-NET Japan)
Asia-Japan Women’s Resource Center (AJWRC)


米下院謝罪決議を受けて アセント(フィリピン)の声明

ASIAN CENTRE FOR WOMEN’S HUMAN RIGHTS(ASCENT)  (English)
女性の人権アジアセンター (アセント)


「慰安婦」問題に関する決議案121の米下院通過を迎え、 ASCENTは次の通り声明を発表いたします。

去る2007年6月26日に私たちは、マイク・ホンダ議員が 2007年1月31日に提出された決議案121を米国外交委員会が採択した際にコメントを発表いたしました。

(決議案本文より) 米下院は次の形で解決されるべきと認識する。

(1)日本政府は、1930年代から第二次大戦継続中のアジアと太平洋諸島の植民支配および戦時占領の期間において、世界に「慰安婦」として知られるようになった若い女性たち に対し日本軍が性奴隷制を強制したことについて、明確かつあいまいでない形で歴史的 責任を正式に認め、謝罪し、受け入れるべきである。

(2)日本政府は、この公式謝罪が日本国総理大臣により、総理大臣としての公的声明を発表する形で行なわれるようにすべきである。

(3)日本政府は、日本軍のための「慰安婦」の性奴隷化と売買はなかったとする如何なる主張に対しても、明確かつ公的に反駁すべきである。

(4)日本政府は、現在および未来の世代に対しこの恐るべき犯罪について教育し、「慰安婦」に関わる国際社会の数々の勧告に従うべきである。

性奴隷制のサバイバー(被害生存者)は、1992年以来、上記の趣旨と要求の声を上げてきました。それに対し日本政府は今も尚、耳を閉ざし続けています。

本日、本決議案の米下院通過を迎え、私たちの希望は高まりました。日本の一部の人々は、歴史歪曲を働きがけ、サバイバーたちに対して中傷的なキャンペーンを展開してきましたが、世界を成すグローバルコミュニティーは真実を支持し、「慰安婦」女性の正義の実現に向けて私たちと手を取り合っていくことに、引き続き揺らぎない確信を抱いています。

「慰安婦」女性の人権と尊厳の回復に向けた米議会の支援とコミットメントに心から感謝いたします。日本政府が国際社会の勧告を遂行し、正式謝罪と国際法に準拠した補償を行うまで、既に示して下さった支援の継続を願っています。

             ASCENT及びMALAYA LOLAS ー フィリピン

米下院謝罪決議を受けて 台湾・婦援会の声明

米下院本会議「慰安婦」決議を歓迎して

>「慰安婦」問題に関する決議を歓迎いたします。
アジア諸国の多くの女性たちを非人間的に侵害し性奴隷として拘束した事実を
非難し、日本政府に対して責任を認め、謝罪するように求めたこの決議は、特に女性の人権を支持するものであるばかりではなく、日本政府がこれ以上日本が犯した歴史的事実を否定することをやめるよう促しています。

この決議は、弱い立場に置かれた「慰安婦」被害者たちにさらなる正義を確認させるものであり、日本政府に対しては過去の過ちを否定しようとする姿勢へ厳しい問いを突きつけていることにおいて重要で意義深いものと考えます。

日本はドイツと異なり、アジア諸国を侵略したことを反省することなく、自らが犯した過去の過ちを否定し続けています。わたしたちは、このような日本の姿勢をみるなかで、再びアジアを不穏な環境におとしめるのではないかと案じざるを得ません。
日本政府が、米下院本会議で決議されたことを無視することなく、「慰安婦」
被害生存者の人権を回復する責任を果たし、これ以上、被害女性たちを苦しめることのないよう強く求めます。

             台湾 台北市婦女救援社会福利事業基金会

米謝罪決議採択を受けて 行動ネット歓迎声明

米下院本会議「慰安婦」問題決議、歓迎声明  (English)

日本政府は、この決議を尊重し、実行せよ 


 日本軍「慰安婦」問題が浮上してから、17年余の歳月が流れた。

そして、本日、2007年7月30日(日本時間31日)、米下院本会議で、日本軍「慰安婦」問題解決のための決議121が可決された。ここに、私たちは、確かな人権意識の刻印を見、この決議を敬意をもって受け止めたいとおもう。


 日本政府は、この決議の意味するところをしっかりと受け止めなければならない。それは、被害者の声を無視し国際機関による勧告や提言を受け流してきた日本政府に対して、歴史的責任の受容をせまり、被害者の人権回復の重要性を指摘したものであるからである。「他国の、それも沢山ある決議の中の一つにしか過ぎない」などと、受け流すことは許されない。

加害国である日本の首相は、日本軍「慰安婦」被害生存者の人権を回復する義務と責任があるということを、きちんと理解しなければならない。首相が「狭義の強制連行はなかった」などと語ることは、加害の実態も、その罪も認識していない証左である。加害に対しては真摯に実態を受け止め、罪を謝罪し、許しを乞うべきである。   

 日本政府は、この決議が指し示す、「曖昧でない形で」被害者の人権回復の道を受け入れることこそを、被害者の癒しに繋がる措置を取ることこそを、自身の誇りとすべきである。



 わたしたちは、日本政府がこの決議を受け入れ、すみやかに実行に移すことを求め、次のことを要求する。

(1)国会の場で、各国の被害生存者の証言を聴取すること。

(2)国会など公的な場で承認された謝罪文を、被害者一人ひとりに届けること。

(3)立法措置により、被害者に賠償を果たすこと。

(4)歴史教育・人権教育に取り入れること。



私たち、各国被害女性の聞き取りを行い、現地調査を行い、裁判闘争を支援し、交流し、あるいは2000年女性国際戦犯法廷を開催してくるなどしてきた各団体は、国際連帯のもとに、この決議が指し示した国際社会の求める人権回復の道のりを日本政府があゆむよう、見守り行動していく決意である。




2007年7月30日(日本時間31日)

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

ASIAN CENTRE FOR WOMEN’S HUMAN RIGHTS (ASCENT)

 ASIAN CENTRE FOR WOMEN’S HUMAN RIGHTS (ASCENT) (日本語)

   STATEMENT

On the occasion of the US House of Representatives deliberation on House Resolution 121, regarding Comfort Women, ASCENT issues this statement:

Last June 26th 2007, we commend the US House Committee on Foreign Affairs on the passage of House Resolution 121 introduced by
Congressman Honda.

The House Resolution introduced in January 31, 2007

“Resolved, That it is the sense of the House of Representatives that the Government of Japan--

(1) should formally acknowledge, apologize, and accept historical responsibility in a clear and unequivocal manner for its Imperial Armed Force's coercion of young women into sexual slavery, known to the world as `comfort women' , during its colonial and wartime occupation of Asia and the Pacific Islands from the 1930s through the duration of World War II;

(2) should have this official apology given as a public statement presented by the Prime Minister of Japan in his official capacity;

(3) should clearly and publicly refute any claims that the sexual enslavement and trafficking of the `comfort women' for the Japanese Imperial Armed Forces never occurred; and

(4) should educate current and future generations about this horrible crime while following the recommendations of the international community with respect to the `comfort women' .”

Since 1992, the survivors of the sexual slavery system had voiced these same sentiments and demands to which the government of Japan continues to turn a deaf ear.

Today, our hopes are raised upon hearing that the US Congress
supported and passed the resolution. Despite the efforts by some in Japan to distort history and even conducted a smear campaign against the survivors, we continue to be resolute in the conviction that the global community will support the TRUTH and will work with us in realizing justice for the Comfort Women.

We sincerely thank the US Congress in this show of support and
commitment to defend human rights and restore the dignity of the
Comfort Women. We hope you continue the support already demonstrated until the government of Japan abides by the recommendations of the international community for an official apology and providing reparation adhering to International Law.

ASCENT and the MALAYA LOLAS The Philippines

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。