日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークのブログです。イベント・デモ情報などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慰安婦」裁判パンフレットを作成しました!

 安倍首相は、就任時の「河野談話踏襲」発言とは裏腹に、「狭義の強制性を証明する証拠はない」などと右派の「河野談話」修正の策動を支持するような発言をしています。
 
 自民党・政府閣僚の、強制性の否定、軍・政府の関与まで否定する策動は、歴史の改ざん、被害者の人権蹂躙であり、支援者としてとうてい許せない強い怒りと危機感をもちました。
 
 そこで、軍・政府の関与と強制性は既に多くの「慰安婦」裁判の判決の中にも事実認定されている事、合わせて「河野談話」を導いた政府自身の膨大な調査報告と公表時の政府見解を再認識せよ、との思いを込めて、このパンフレットを作成し、全国会議員に配布しました。

こちらからダウンロードできます。(PDFファイル・347KB)

 より詳しくは「前書き」とパンフの内容をご覧下さい。目下「その2」を作成中ですが、これは「判決の中に事実認定された原告個人の被害事実」を特集しています。
スポンサーサイト

Voices of the Filipino survivors

                                                  (日本語はこちら)


Dear Prime Minister of Japan Abe Shinzo

Voices of the Filipino survivors of Japan’s military sexual slavery Collected on March 7, 2007, by Shibazaki Haruko, Group in Support of the Former “Comfort Women” in the Philippines, at the Lolas’ House of Lila Pilipina, Manila, the Philippines
Prime Minister Abe, your words have humiliated us and hurt us very much.

You must ask our forgiveness and apologize for the crimes the Japanese soldiers committed against us.
You denials hurt us so much that we cannot sleep at night.
Please come to meet with us in person, any day, any time.

Anastacia Cortez (age 86)
I was so hurt and angry that fury rose inside me when I heard Prime Minister Abe’s denial. We were innocent.

We were children. We did nothing wrong, yet the Japanese soldiers raped and abused us. The Prime Minister is responsible for the crimes committed by Japanese soldiers. Wouldn’t it be right for the Prime Minister to appear before us, repent, and beg our forgiveness for these crimes? Shouldn’t you apologize?

Ever since I heard these recent statements, I haven’t been able to sleep at night. I can never forget what I had to suffer then, but when I heard those mean and humiliating words, I was hurt even more. Now my memory comes back even worse, and I cannot sleep.

I did not speak out for the sake of getting payment. I needed courage to come out. I made my children suffer for it, too.

I demand apology from Prime Minister Abe so that justice be restored. I will not stop until justice is restored.
Please come directly see us any day, anytime.

Pilar Frias (age 80)
Yesterday I went out front of the Japanese Embassy and cried, to rid my heart of the anger and anxiety piled up there. Prime Minister Abe has called us prostitutes, saying that we sold ourselves to make money. But I was only fifteen then. Could a girl of fifteen think of such a thing?

It has been more than sixty years, yet anger rises up inside me each time I look in the mirror and see the scar on my face carved by a Japanese soldier.

Virginia Villarma (age 78)
The recent statements by Prime Minister Abe pierced our hearts with pain. Please pass on to him our anger through our supporters in Japan. He calls us prostitutes, but then he has no evidence whatsoever to prove that we were. What he is saying is not right. He is telling a lie. I would fight until the day he takes back those words.    

PETITION FROM TOMASA SALINOG

         PETITION FROM TOMASA SALINOG


                           March 29, 2007 (日本語はこちら)


Prime Minister Shinzo Abe,

I am Tomasa Dioso Salinog, 78 years of age and a resident of San Jose, Antique, The Philippines.

I was only thirteen years old and an only child and living alone with my father when Japanese soldiers forcibly entered our home in 1942 in San Jose, Antique. The soldiers killed my father when he tried to prevent them from taking me away.

For about two years I was kept as a slave to be raped and abused by Japanese soldiers. They took away the only member of my family. Alone, in abject poverty and with no one to take care of me, I could not go back to school and had to work in order to survive. The war and sexual slavery had destroyed my life and my future.

I am now old and my health is failing. The illnesses brought about by the abuse I suffered in the hands of the Japanese soldiers and the hard work in order to survive, persist and have become more serious.

Despite my poverty and poor health, I rejected the Asian Women’s Fund.
The atonement being offered by the Asian Women’s Fund could not compensate for the violation of my rights as a woman and the grievous crimes that were committed against me. The government of Japan should be accountable for its responsibility for what the Japanese military did to my father and me.

I am appealing to you, Prime Minister Abe to acknowledge the truths we have told. This is the justice I have been longing and praying for. We are aware of Japan’s efforts for peace but there can be no peace in this world unless there is justice. I hope justice will come before I die . . .
                            TOMASA SALINOG

Please Make an Official Apology and Provide State Compensation to the Survivors of Japan’s Wartime Sexual Violence NOW!

Please Make an Official Apology and Provide State Compensation to the Survivors of Japan’s Wartime Sexual Violence NOW!
                                    March 29, 2007  (日本語はこちら

Dear Prime Minister of Japan Abe Shinzo,

We are citizens and groups working in various ways towards an honest solution to the issue of wartime sexual violence that Japan committed in the past.

The problem of an official apology and compensation to the survivors of Japan’s military “comfort women” has been daily news ever since you became Prime Minister. Unfortunately, this is not a result of Japan accepting responsibility for its past wrongdoing, but of your irresponsible comments concerning efforts overseas to seek Japan’s accountability. This is more than just embarrassing for us citizens of Japan.

Now, criticism and protests against your denials have spread, not only in countries where the victimized women are from, namely Korea, China, Taiwan, the Philippines and the Netherlands, but also in other countries such as the United States and Canada. This is because there is a large gap in understanding between the international community and the Prime Minister. International anger has arisen from the following:

1. The dishonesty of the Prime Minister’s repeated ambiguous and insincere personal apologies and denials of facts, in place of making efforts for an official State apology and compensation You stated when taking office as Prime Minister that you would sustain the 1993 “Kono Statement.” Soon afterwards, however, you noted that “there was ‘coercion in the broad sense’ including inappropriate ways of recruitment, but no ‘coercion in the narrow sense’ such as forcible taking of the women by officials”, which generated international condemnation. Then, you underlined that “the comfort women went through hardships and suffered in the heart. My feeling of apology is the same as that of my predecessors.” Yet, you subsequently stated “I will not apologize even if the U.S. Congress adopts the resolution”, furthermore issuing a Cabinet decision which says that “there was no reference found in the materials located by the government which directly suggested that there had been such things as the so-called forcible taking committed by the officials of the military or the government”, re-inviting international condemnation.

2. The discriminatory attitude against the women of foreign origin: discrimination against different gender and ethnicities Prime Minister Abe made the following comment in 1997: "[It is argued] that the society was so Confucian they had to remain silent for fifty years. Is Korea really such a society?

In South Korea there are many kisaeng houses and many people just go ahead doing those things there. So, such acts are not something out of the ordinary; rather I even think that they may be significantly integrated into their lives." ('Young Diet members' league to consider Japan's future and history education' ed., "Rekishi Kyokasho e no Gimon" (Questions About History Textbooks), Tenten-sha, 1997) At the time, you were the Secretary General of this league who published this book. This comment of yours is blatantly discriminatory.

3. The downplaying of Japan’s military sexual slavery in order to highlight the “issue of abduction of Japanese citizens committed by North Korea, an insult to the Japanese nation”When you served as the Deputy Chief Cabinet Secretary in 2005, you posted to your website the following criticism of NHK’s (Japan’s national broadcaster) program on the 2000 “Women’s International War Crimes Tribunal on Japan’s Military Sexual Slavery”: “I suspected that this was a part of North Korean propaganda in which North Korea tried to smooth over the Abductees Issue to emphasize itself as the victim.” In your statements, the “comfort women” issue is always portrayed as something confronting the “abductee issue”. That is why your attitude is criticized as being against the purpose of and efforts for reconciliation and living together peacefully with our Asian neighbors.

Japan’s military sexual slavery began roughly at the time of the Nanjing Incident in 1937. Now seventy years has passed. The lack of formal apology and compensation from the Japanese State to the victims after so many, many years is a focus of international criticism. Those who were made “comfort women” during the war, including girls sometimes younger than ten-year-old, were torn from their lives and made sex slaves. Moreover, they had to suffer again for more than sixty years after the war without the wounds on their body and hearts remaining unhealed. Their lives were destroyed first by the Japanese military, then by the irresponsibility of the Government of Japan. And now, many of those women are leaving for good one by one, without their sense of human dignity having been returned to them.

The Government of Japan must now be courageous and accept responsibility for its past wrongdoing. It must provide an official apology and state compensation to the survivors. We believe that this will lead to peace within Asia as well as the world at large. We also believe that such a decision will also give rise to the possibility of eliminating sexual violence under armed conflict and peacetime in all our societies, today and in the future.

Alarmed by the Prime Minister’s denial of even the slight acknowledgement embodied in the “Kono Statement”, we began this petition as an effort to prevent its revision. Now, regardless of how many times members of the Japanese Government repeat their commitment to the “Kono Statement” and regardless what token words of apology the Prime Minister offers, the international community has learnt that this is not a genuine, sincere response. The world now strongly demands the government of Japan deliver a formal and genuine apology to the survivors. We as citizens of Japan earnestly hope that our government takes immediate action to provide such an apology and legal state compensation that is long overdue.

Today we bring to you 14,406 signatures from Japan, Korea, Taiwan and Germany urging you to support the “Kono Statement” as a bare minimum. We also have put together a brochure explaining why your argument denying “coercion” does not stand. We earnestly hope that our Prime Minister will genuinely share the pain that we share with the surviving women, and that you will demonstrate to the international community that you are a true leader of an honest government, committed to fulfilling responsibility for the State’s past wrongdoings.

Japan Action Network for the “Comfort Women” Issue
c/o Japan Anti-Prostitution Association
2nd Kyofu-kai Bldg., 2-23-25, Hyakunin-cho, Shinjuku-ku, Tokyo

第8次日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議開催のお知らせ

  第8次日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議


平和と正義の実現のために、日々先頭に立って活動されているすべての皆さんに、連帯の挨拶を送ります。

日帝占領下でほしいままにされた日本軍「慰安婦」犯罪が世界に知られるようになって、すでに17余年が経とうとしています。この間、日本軍「慰安婦」被害者とアジア各国の被害国は、この問題解決のため国連人権委員会・国際労働機構などの国際機構に提訴するなど、国際世論を通じ日本政府に対し活発な問題解決を促求して来ました。

しかし、依然として日本政府はこのような国際機構の勧告を無視し、むしろ「強制性はなかった」などの妄言を連日繰り返しており、日本軍「慰安婦」問題に日本軍の介入と一部強制性を認定した河野談話でさえも撤回しようとしています。また、一歩進んで教育法改悪、平和憲法修正などを通じ、戦争を準備する日本へと戻ろうとしています。これは再びアジアを戦争の不安へ追いやるものであり世界の平和を脅かすものとして、これに対するアジアの連帯がどの時よりも重要な時期だと感じています。

ここに2007年を日本軍「慰安婦」問題を解決するための重要な年とし、来る5月19日~21日にソウルで第8次日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議を開催する運びとなりました。この会議には日本およびアジア被害国で日本軍「慰安婦」問題を解決するため活動している方々のみならず、オーストラリア・米国・ドイツなど、この間挺対協とともに“日本軍「慰安婦」被害者に正義を!”国際連帯活動に参与した団体も参加する予定です。

1992年から始まった日本軍「慰安婦」被害者とアジア女性の連帯は、日本軍「慰安婦」問題解決のために国際社会で多くの成果を残して来ました。今年2007年は、その連帯を始めて15周年になる年です。今回の会議は過去15年間ともに連帯してきたアジア連帯活動を振り返り、これを土台にこれからどのように活動していくのかについて討論する場になることでしょう。

日本軍「慰安婦」問題はすでにアジア被害国だけの問題ではなく、戦時下で国家的な次元で組織的で体系的にほしいままにされてきた甚大な女性に対する暴力の問題として、また世界的な関心事として浮上しています。それがゆえアジア被害国の連帯を超え、米州とヨーロッパ地域との国際的な連帯運動として拡大するための方案についても討論する予定です。特に、去る1月31日米下院で提出された日本軍「慰安婦」関連決議案(H.Res121)が採択されるよう、そしてその決議案採択が効力を発揮できるようにするため、どのように活動していくのかについても深い論議が行われることでしょう。

もう一度、日本政府に向かって日本軍「慰安婦」犯罪解決に向き合うことを強力に促求する連帯の力を集めましょう!

2007年3月
韓国挺身隊問題対策協議会


第8次日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議
The 8th Asian Solidarity Conference for the Issue of Military Sexual Slavery by Japan

- 日 時 : 2007年 5月 19日 ~ 21日
- テーマ : アジア連帯15年、今後の課題と連帯のために!
- 参加国 : フィリピン、台湾、インドネシア、東ティモール、中国、オランダ、南、北、日本
オブザーバー – オーストラリア、米国、ドイツ
Amnesty International日本軍「慰安婦」問題キャンペーン担当者


★日 程 ★

5月 19日 (土) 各国参加団到着および宿舎配定
16:00 - 18:00 各国代表団事前会議
18:00 - 20:00 歓迎晩餐会

5月 20日 (日)
10:00 - 10:30 開会式
10:30 - 11:00 基調報告 (挺対協)
11:00 - 12:00 特別報告 : 日本の情勢と日本軍「慰安婦」問題解決への展望
12:00 - 13:00 昼食
13:00 - 14:00 被害者とのささやかな公演および映像上映
14:00 - 16:00 各国報告および計画 / アジア連帯会議に対する提言
16:00 - 16:30 休憩
16:30 - 18:00 オブザーバー発表(オーストラリア、米国、ドイツ、アムネスティなど)
18:00 - 19:00 夕食
19:00 - 21:00 交流会

5月 21日 (月)
08:00 - 09:00 朝食
09:00 - 11:30 討論および決議文採択
11:30 - 12:00 閉会式 記念撮影
12:00 - 13:00 昼食
13:30 - 細部戦略樹立のための各国代表会議

「河野談話」見直し等に対する韓国被害者・挺対協の抗議声明

安倍晋三首相に送る国際連帯署名伝達に際し、

「河野談話」撤回の動きに強く反対し、
日本軍「慰安婦」問題に対する日本政府の徹底的な真相糾明と責任認定、被害者に対する早急な公式謝罪と法的賠償を要求する!



去る 3月 1日、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」は「慰安婦」問題に関して、日本軍の強制連行はなかったという内容の見解を明らかにし、今後、「慰安婦」問題についての再調査を政府に要求すると述べた。同時に安倍晋三首相は「河野談話」に関し、「当初、定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかったことは事実だ」という理屈に合わない言葉を言い放った。

さらに、16日の閣議では「慰安婦動員の強制性と関連した資料を捜すことができなかった」という立場を日本政府の公式の立場として決定した。

このように相次ぐ安倍首相と日本政府の妄言に対して私たちは強く抗議する。

多数の女性たちに取り返しのつかない傷と恨(ハン)を残しただけでは足りず、高齢になった被害者たちを「嘘つき」にしたてあげ、再び、衝撃と痛手を負わせるということは決して容認できないことである。

1993年に発表された「河野談話」は、日本軍「慰安婦」制度に対する日本政府及び軍の関与を一定程度認定したものではあるが、十分な責任認定と謝罪の意味を込めたものとはいえず、むしろより徹底的な真相糾明及び直接的な責任認定と謝罪が追加されなければならないという問題点を残している。
しかし、これさえも否定しようという日本政府の動きはまさに恥しらずというべきものである。

首相就任と同時に「河野談話」踏襲の意思を表明した安倍首相は、今や、アメリカ議会での「慰安婦」決議案の通過を阻むために、被害者たちの苦悩はものともせず、「河野談話」を否定しようとしている。

しかし、日本政府のこのような動きはかえって国際社会の世論から強い非難を浴びている。アジアの被害者たちはもちろん、オランダの被害者に至るまで、みな同様に歴史的事実を証言しているし、戦争当時の日本の軍人さえ真実を告白しているのに、日本政府が強制性の有無を云々して問題を縮小·歪曲しようとしても無駄である。
          
日本国内でも良心的な学者、政治家などが「慰安婦」の強制動員は間違いない事実であるとして、これに対する日本政府の責任を追求しているのに、安倍首相はこのまま良心に背いてしまうのだろうか。

真に恥ずべきことは、誤った過去ではなく過ちを反省しない現在の姿である。
安倍首相をはじめ日本の責任あるリーダーたちが自国の歴史的過誤を否定して隠すのではなく、責任を認めて被害者たちの前に謝罪し、ひいては平和的な未来を約束する姿に生まれかわることを希望する。

現在の日本の姿は平和憲法「改正」の動きをはじめ、むしろアジアの平和を脅やかす意図を持っているとしか解することができない。
 
私たちは日本政府に対し、数少なくなった被害者たちの人生がこれ以上鬱憤と苦悩で傷つくことのないよう被害者たちに対する公式謝罪と法的賠償、そして正しい歴史教育を実施することを要求する。

これらを通して、遅きに失する前に国際社会に人権と正義を求める日本の姿を示し、「河野談話」撤回に反対する被害国民たちの声を記憶し、未解決の過去の傷と問題を正しく解決していくことによってアジアの平和のために努力されることを衷心から求める。

私たちは今後とも全世界の市民団体等と連帯して、アメリカ議会における日本軍「慰安婦」公式謝罪要求決議案の採択と、これを日本政府が受け入れるよう要求する共同行動を続けていくだろう。

2007年 3月29 日

韓国の日本軍「慰安婦」被害生存者 122人 / 韓国挺身隊問題対策協議会

安倍首相、あなたの発言は私たちを貶め、傷つけた

                            (English

日本国内閣総理大臣  安倍晋三殿

フィリピン日本軍「慰安婦」 被害者たちの声


安倍首相、あなたの発言は、私たちを貶め、ひどく傷つけました。
当時の日本兵が犯した罪について、許しを乞い、謝罪すべきです。
あなたの発言で、心が痛く夜も眠れません
何時でも、何日でもいい、直に私たちに会いに来て下さい。

アナスタシア・コルテス(86歳)
私は、安倍首相の発言を聞いて、非常に腹立たしく、怒りが盛り上がり、非常に傷つきました。

私たちは無邪気で、こどもで、何も悪いことをしていないのに、日本兵にレイプされ、暴力をふるわれました。当時の日本兵の犯した罪について、首相には責任があります。安倍首相は、私たちの目の前に現れ、その罪を、後悔し、許しを乞うのが筋ではないでしょうか。
謝罪すべきではないでしょうか。

安倍首相の発言を聞いて、私は、夜も眠ることができません。当時の被害を忘れることはできませんが、私たちを貶める卑劣な発言を聞いて、大きく傷つき、よけいに被害を思い出し、眠ることができません。

私は、お金のために名乗り出たのではありません。名乗り出るのに勇気がいりましたし、子どもたちにも辛い思いをさせました。
正義の回復のために、安倍首相の謝罪を要求します。正義が回復されるまで、活動はやめません。
何時でも、何日でもいい、直に私たちに会いに来て下さい。

ピラール・フィリアス(80歳)
昨日、日本大使館前では、こころに溜まった怒りと鬱憤を叫んできました。安倍首相によると、私たちは当時売春婦だったと、お金のために性を売ったと同義のことを言っているが、当時、わたしは15歳だった。15歳の少女にそういうことが考えられるでしょうか。

60年以上たった今でも、日本兵に傷つけられた顔の傷を鏡で見るたび、怒りがこみあげてきます。

バージニア・ビリヤルマ(78歳)
今回の安倍首相の発言は、本当にこころ痛い発言です。
日本の支援者を通じて、私たちの怒りを、あの人に届けてください。
私たちがいかにも売春婦であったということをいうが、逆に、売春婦だったという証拠は何もない。
彼が言っていることは、正しくありません。嘘をついているということです。この言葉を撤回するまで、闘います。
   
2007年3月7日
リラ・ピリピナ、ロラズハウスにて聴取

           フィリピン人元「従軍慰安婦」を支援する会               

安倍晋三首相への要請文

以下は、2007年3月29日、「河野談話」見直し等に抗議し、国際署名を内閣府の届けたときの要請文です。 (English here)


   戦時性暴力の被害者に対する国家による謝罪と補償を
          今すぐ行ってください!


日本国首相 安倍晋三 様 


私たちは、日本が過去において行った「戦時性暴力」の真の解決を願って様々なかたちで運動を続けてきたグループ及び市民です。 

あなたが首相になって以来、戦時性暴力を受けた日本軍「慰安婦」への公式謝罪と補償の問題が毎日メディアで報道されています。こうした状況は、日本政府の加害者としての責任の表明がもたらした結果ではなく、外国からの日本政府への責任追及に対するあなたの無責任な発言がもたらした結果によるものであり、日本の国民としては誠に恥ずかしい限りです。

 いまや被害当事国である韓国・中国・台湾・フィリピン・オランダはもちろん、米国・カナダなどへと安倍首相の発言に対する非難や抗議が次々に広がっております。これは、国際社会の見識と安倍首相との間に以下のような大きなズレがあるためだと考えられます。


1、首相が国家による謝罪及び補償に努力するのではなく、曖昧で誠意のない個人的お詫びと事実否認を繰り返し行う不誠実さへの怒り 

あなたは、首相就任当時に、1993年に出された「河野談話」を踏襲すると述べました。しかし間もなく、「不本意な募集の仕方など『広義』の強制性はあったが、官憲による強制連行など『狭義』の強制性はなかった」と発言し、国際社会から非難を浴びました。そのため、「慰安婦の方々は心の傷を負い、大変苦労された。心からお詫びする気持ちはまったく変わらない」と強調しました。ところが、次には、「米国下院の決議があったからと言って謝罪することはない」と発言し、さらに、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接指示するような記述も見当たらなかった」という閣議決定を発表したため、再び非難を浴びています。

2、外国人女性に対する差別的な態度―民族差別と女性差別
 1997年に発行された「歴史教科書への疑問」(日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会編)の中で、当時会の事務局長であった安倍氏は「韓国には、キーセンハウスがあって、そういうことをたくさんの人たちが日常どんどんやっているわけですね。ですから、それはとんでもない行為ではなくて、かなり生活の中に溶け込んでいるのではないかとすら私は思っている」と発言しています。この発言はあまりにも差別的な発言です。

3、「日本民族にとって侮辱的な拉致問題」を強調するため、日本国が行った「慰安婦問題」を極力消そうとしている

あなたは官房副長官時代にあなたのホームページで2000年に行われた「女性国際戦犯法廷」に関するNHKでの放送を批判し、「これは拉致問題に対する沈静化を図り北朝鮮が被害者としての立場をアピールする工作宣伝活動の一翼を担っていると睨んでいた」と書いています。あなたの発言では「慰安婦問題」は常に「拉致問題」に敵対する事柄として捉えられています。だからこそアジア諸国との和解および平和的共存に逆行すると批判を浴びているのです。

 日本軍「慰安婦」問題が起こったのは、1937年の南京事件前後からでした。すでに70年も経ているのに、被害者への国家による正式な謝罪もなく、補償もされていないことが、国際社会の非難の的になっています。戦時下において「慰安婦」とされた女性たちは、10歳にも満たない少女も含め、日常から引き離され性奴隷とされました。

その上、戦後60年もの長い間、心身の傷を癒されることなく過ごさざるを得ませんでした。彼女たちの人生は日本軍のためと、日本政府の無責任さのゆえに破壊され、人間としての尊厳の回復を見ぬまま多くの女性たちが人生を終えつつあります。

 私たちは、今こそ現日本政府が過去において犯した過ちに対して責任を取る勇気を持ち、国家の謝罪と補償を実施することが、アジアのみならず国際的な平和につながると考えています。また、この決断が、今後の戦時性暴力や今日の社会における性暴力を否定する契機ともなると信じています。

 今回、私たちは「河野談話」さえ否定しようとする首相の動きに対して危機感を持ち、せめて「河野談話」を維持するよう署名を集めました。

しかし、政府や閣僚が繰り返し「河野談話」支持を言い、首相が形式的なお詫びを述べても、これが政府の誠実な対応でないことを国際社会はよく知っており、国際的な流れは強く政府の謝罪を迫っております。私たちも日本の市民として早急に政府による謝罪と補償を実行していただきたいと願っております。

 本日あなたの「強制性」論議を覆すべく作成しましたパンフとともに日本、韓国、ドイツで集めました。1万4406名分の署名をお届けいたします。日本の首相も真に心の痛みを持ち、加害国の首相としての責任を果たす存在であることを国際社会に示してくださることを切望いたします。

                         2007年3月29日
             日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク            

国際署名へのご協力ありがとうございました

「河野談話」見直しの動きに抗議の署名をみなさまにご協力をお願いいたしましたが、2007年3月29日午後に内閣府に届けました。

紹介してくださる国会議員のかたの都合もあり、早めに「何日に届ける」とわからず、連絡があったときには大急ぎで連絡をつけあうというかたちになりました。

今回、みなさまからご協力いただきました署名数は、合計1万4406名分でした。

その内訳は、5千名余が韓国、360名余が台湾、7名がドイツで、その他が日本でした。

韓国挺対協と台湾の被害者・婦援会からの抗議声明、そしてフィリピンからはトマサ・サリノグさんからの首相宛の請願が届けられました。同じくフイリピンのリラ・ピリピーナのロラたちの怒りの声も渡されました。

行動ネットからは要請文、安倍・下村両氏への抗議文、質問状などとともに、裁判において認定された事実および河野談話が発表される前に政府が行った調査について書かれたパンフなども添えられました。

出席者は、国会議員も含めて合計10人と厳しく言われたとのことで、行動ネットからは7人、国会議員3人でした。

国会議員は、岡崎トミ子さん(民主)、福島瑞穂さん(社民)、吉川春子さん(共産)の、いつも努力してくださっている方々でした。

対応したのは大臣官房総務課調査役山田哲範さんと調査第一係の五十嵐さんでした。

議員からは「事実を受け入れないことは歴史に反することである」「何よりも当事者を大切に」「日本がこのままの状態では、人権問題について外国から信用されない」「現在のようなダブルスタンダードの立場を取り続ければ日本と米国の関係も危険」「国会で正式に謝罪することが大切」と意見が述べられました。

 また、ネットの参加者からは、安倍首相の発言問題以来、フィリピンのおばあさんたちも口々に怒りを訴えている、韓国のハルモニや支援者たちには、さらなる精神的苦痛を与えている、台湾のおばあちゃんたちは、安倍首相が謝罪したというのなら、どういうかたちでそれをあらわすのかみてみたい、韓国やフイリピンの被害者といっしょに、今すぐにでも日本の首相に会いに行きたいと言っているなど、それぞれの関係者から被害当事者の声を代弁した訴えがなされました。

各国の被害者にすれば、「証拠がない」などという日本政府の発言は正義を踏みにじった、歴史を捻じ曲げるひどい話であり、自分たちが生き証人なのに何を言うのかという強い怒りがあります。それを短い時間ではうまく伝えることが出来ませんでした。

この署名の扱いはどうなるのか、無駄にしないようにというネットの高橋喜久江さんの発言に対して、山田さんの方からは、「秘書官室に必ず届ける、現在話題になっていることなので、関心をもっていると思う。」という返答があり、30分の話し合いをおわりました。


この署名は安倍首相が「河野談話」に関して見直しをするために調査するよう命じたことが報じられたことで始められた署名ですが、その後国際的な抗議が広がる中で、「河野談話」にとどまるだけでなく、国家による公的謝罪や補償がなされなければアジアの中での和解や平和が実現できないと考え、日本の中で「戦時性暴力の問題」にかかわってきたものとして、その点を強調した要請文となりました。

要請文はこちら

皆様、本当にありがとうございました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。