日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークのブログです。イベント・デモ情報などを掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河野談話」を支持する国際署名

「河野談話」を支持する国際署名にご協力をお願いします!

1993年8月4日、日本政府は「慰安婦」問題に関する「河野洋平内閣官房長官談話」を発表し、軍関与や強制性を認め、「このような問題を永く記憶にとどめ」ていくと「固い決意」を表明しました。この「河野談話」は歴代内閣の見解であり、現在の安倍政権も踏襲すると表明しています。

しかし、下村博文内閣官房副長官や中川昭一自民党政調会長は「河野談話」見直し発言を行い、「慰安婦」問題を否定してきた自民党の議連「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」もまた、安倍首相に見直しを提言するとしています。

「河野談話」は「慰安婦」問題の解決に向き合う日本政府の原点であり基本です。私たちは、日本政府が「河野談話」に向き合い、一刻も早く被害者が求める解決を講じるように求める国際署名運動を始めました。皆様も是非、署名活動にご協力くださいますようお願いします。
             
日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク

署名第一次集約:2007年2月末日
署名フォームはこちら↓
petition.gif


提出する署名内容は以下の通りです。


国際署名


日本国内閣総理大臣 安倍晋三 殿

私たちは、「慰安婦」問題に関する「河野談話」を支持し、日本政府が真摯に「河野談話」に向き合うよう、強く求めます!


1993年8月4日、日本政府は「河野洋平内閣官房長官談話」(以下「河野談話」)を発表し、慰安所の設置・管理及び慰安婦の移送について軍関与があったことや、「慰安婦」の徴集や慰安所における生活が強制的であったこと等を認めて謝罪し、「このような問題を永く記憶にとどめ」ていく「固い決意」を表明しました。

「河野談話」は歴代内閣の見解であり、安倍晋三内閣総理大臣も就任直後の国会答弁で、内閣としても個人としても「河野談話」を踏襲すると表明しました。しかし、その後、下村博文内閣官房副長官や中川昭一自民党政調会長は「河野談話」見直し発言を行い、自民党の議連「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」は小委員会を設置して談話を出した経緯や事実関係の検証を進め、報告書を作成して安倍首相に見直しを提言するとしています。ちなみに安倍首相はこの議連立ち上げから長く事務局長をしていました。私たちはこうした策動やその動きを黙認する安倍首相のダブルスタンダードを容認することはできません。

「河野談話」が発表されて10年以上が経ちましたが、その後に発見された数々の軍関係資料や「慰安婦」裁判や被害女性の証言を通して、談話の元になった調査を遥かに上回る悲惨な実態(拉致的連行・虐待・暴力・監禁・奴隷的待遇・自由の剥奪・死亡・性病罹患・妊娠・戦後の置き去り等々)が明らかにされています。いくつかの裁判ではこれらの被害事実は認定されているのです。

私たちは「河野談話」を強く支持し、日本政府が「河野談話」に真摯に向き合い、そこに書かれた内容について積極的に取り組んでいくよう、強く要請します。

2007年3月  日



<資料>

「慰安婦」関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話


1993年8月4日

 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般、その結果がまとまったので発表することとした。

 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

 我々はこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

スポンサーサイト

2006年8月14日 ヤスクニにNO!を女たちで!@明治公園

戦後61年の夏。任期満了を控える小泉純一郎首相は、アジア太平洋戦争で被害を与えたアジアの人々の気持ちを逆なでするように靖国神社参拝を強行しようとしています。靖国神社に反対の姿勢を見せると「遺族の気持ちを考えないのか」という声もありますが、遺族は、本当に愛する人が靖国神社に祀られることを望んでいるのでしょうか?

戦時中、「靖国に祀られることは名誉」と喧伝されてきました。20歳にもならない息子が、結婚してまもない夫が、戦争で死に、骨さえ戻ってこない。それなのに悲しむことも嘆くことも許されなかった遺族たち。国策の「靖国合祀」は、人が人であるための“かなしみのこころ”さえ、否定したのです。「死んでまで魂を奪わないで欲しい」という遺族の哀しみ、植民地にされた韓国や台湾の遺族の「魂を、名前を返せ」という訴えに、私たちは共感します。

アジア諸国に償いようのない被害を与えた日本の侵略戦争の責任を曖昧にし、国のために死ねる若者を育成するため、戦死者を「英霊」と称える靖国神社の欺瞞的体質に、私たちは「No!」をつきつけたいと思います。また、公的な存在である日本の総理大臣が、一宗教法人であり軍国主義を賛美しつづける靖国神社に参拝することに、断固として「No!」をつきつけたいと思います。

「お国のため」と侵略戦争に駆り立てられ死んでいった人々と戦争で殺されたすべての人びとの哀しみに、正義の実現を見ないままに亡くなられた「慰安婦」被害者たち、遺族たちの気持ちに思いを馳せ、8月の暑い夏の夜、力強い大きな「NO!」を、女性たちの手で作りませんか。

呼びかけ:日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク



女性たちで「NO!」の人文字を作りましょう!

日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークは、8月9日にチョウチンデモ“亡くなった被害者の声を聞け!”を行い、8月11日から15日まで「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」に参加します。14日の夜に明治公園で行われる「YASUKUNI NO!」の人文字キャンドル行動では多くの女性たちで「NO」の部分を作りたいと思います。ぜひご参加ください!

【8・14 イベントプログラム】

12:00 明治公園開場

ライブ、トーク、コント、屋外展示、おいしいエスニックフード、韓国・台湾・沖縄からのメッセージ・・・一日楽しめるプログラムが盛りだくさん! ザ・ニュースペーパー扮する小泉首相は必見。冬ソナで人気の金次長もやってくるかも!?
ハルモニたちと交流できるテントも準備中。
ぜひ寄ってください!

19:00 キャンドル人文字開始

女たちで「No」の人文字を作りましょう!



その他の共同行動

8/11(金)15:00-16:00 集会@参議院議員会館第1会議室

韓国から来日する12名の国会議員と日本の国会議員が首相の靖国神社参拝問題について話し合います。

19:00 集会@弁護士会館

「平和の灯を!靖国の闇へ」キャンドル・デモの第1弾。その前に、弁護士会館でキャンドル行動開始集会があります。

20:00 デモ @弁護士会館→銀座


8/12(土) 19:00- デモ@常盤橋公園→銀座(18:30集合)

常盤橋公園から銀座まで、「平和の灯を!靖国の闇へ」キャンドル・デモ第2弾。


8/13(日)15:00-19:00 集会 @日本教育会館(tel:03‐3230‐2833)

第1部:高橋哲哉さんの講演のほか、李金洙さん(韓国)、金城実さん(沖縄)、チワス・アリさん(台湾)、李煕子さん(韓国)の証言。

第2部:コンサート(台湾原住民「飛魚雲豹音楽工団」・韓国伝統音楽演奏など)

19:30 デモ @日本教育会館

日本教育会館から「平和の灯を!靖国の闇へ」キャンドル・デモ第3弾。


8/14(月) 12:00-20:00 イベント @明治公園

19時頃から始まる「YASUKUNI NO!」の人文字がメイン・イベント。お昼からは韓・台・日のアーティストによるライブやトークイベントなど盛だくさん!詳細はhttp://www.peacecandle.jp


8/15(火) 8:30 デモ @坂本町公園(茅場町駅12番出口)
小泉首相の靖国参拝に反対する早朝デモ


上記内容のチラシは
こちら(PDFファイル)をご覧ください。

2006年8月9日 集会・デモ/世界連帯行動・水曜デモ in 東京

2006年8月9日 集会・デモ/世界連帯行動・水曜デモ in 東京
日本軍「慰安婦」被害者の声を聞け!
『生きているうちに解決を!このままでは死んでも死にきれない』


日時:2006.8.9(水)6:00~
集会:ウィメンズプラザ(2F第1会議室) 6:00~7:00
デモ:7:15~ ウィメンズプラザ~宮下公園(予定)
主催:日本軍「慰安婦」問題行動ネットワーク fax03-5386-4041

東京ウィメンズプラザ:東京都渋谷区神宮前5-53-67
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/index.html



 戦後61年、韓国のハルモニたちが日本政府に謝罪と補償を求めて立ち上がってからすでに15年以上がたちました。

 この間、アジア各地の被害女性たちは真実を知って欲しいと体験を語り、被害回復を訴えてきました。

 しかし、日本政府はその声を無視し、裁判は次々に被害者の請求を棄却しています。

 被害女性たちは老いゆき、次々に亡くなっています。きのうまで元気だった女性たちが、突然、私たちの前から消えていきます。

 とりかえしのつかない時の重さを前に、果てしない哀しみと怒りが私たちを打ちのめします。

 逝ってしまったあなたたちの元気だったころの姿を思い浮かべると、沈黙を破り声を上げたあなたたちの叫びが聞こえてきます。

 正義が実現される前に無念にも亡くなられたあなたたちの痛みに思いを馳せ、私たちはあなたたちの意思と願いを引き継いでいく決意を新たにしています。

 私たちは、いま存命の被害女性たちとともに、あなたたちの生命をチョウチンに灯し、あなたたちと共に声を上げます。

 「一刻も早く、尊厳の回復を!!」

(韓国・朝鮮)

★金ヤニョプ★韓ウス★金福ジュン★ペ・ヨンジャ★全クムファ★李ドゥスン★金順伊★金香順★崔テヒョン★李貴礼★金ソンジョ★朴玉粉★金ハクベ★ペ・ヨンシム★白粉述★ユ・タマン★李オクヒ★金クムナン★朴粉伊★文玉珠★姜徳景★金貞淑★成テウン★崔スンウォル★李ウスル★尹順女★金玉順★チョン・ジョンスン★白ナムジュン★崔スンナム★金学順★鄭学銖★吉甲順★カン・オクチャ★朴英淑★朴オクヒ★安ヨンドク★金述伊★金ヨンウィ★シン・クムスン★趙順徳★カン・ミョラン★チョ・チョミ★尹順徳★ピョン・マンソク★李ミタル★金ワナム★金オクチュ★金キョンジャ★李英淑★千粉順★河順女★チョ・ナムレ★金ヨンレ★呉五穆★全在順★文ミョングム★李ナミ★李チュンポン★金チョムス★黄オギム★金ジェス★金ポンイム★金ガンレ★ユ・ポクスン★金春子★崔イルレ★徐ポンイム★崔ヘウォル★崔順徳★尹チョミ★朴順徳★李ヤンファ★チョ・ポクシム★金ヨニ★尹礼子★チョン・フィベ★安法順★金福童★鄭書云★足干★石ポクリム★李チョンラン★金順徳★盧清子★李相玉★李貴粉★金相喜★金粉先★朴福順★李ヨンスン★権テイム★李スンギョ★洪ジェソン★姜順愛★金ヨンジャ★シン・ギョンラン★申絃順★李ポンレ★梁点順★金イムソン★金福順★河玉子★金貞順★朴頭理★洪江林★洪愛珍★李鳳和★易英蘭★朴莫達★張春月★林金イ牙★朴必漣★趙順玉★朴来順★奉奇★姜英淑★李福女★姜英淑★李福女★李賢淑★金泰花★趙三順★朴福伊★金福順★金君淑★張秀月★黄小均★沈青玉★金徳順★李春花★尹慶愛★元竜花★ 鄭玉順★李京生★鄭金玉★魯賢花★金哲順★金香淑★李相玉★李桂月★ 李賢淑★金泰花★趙三順★朴福伊★金福順★ 金君淑★張秀月★黄小均★沈青玉★金徳順★ 李春花★尹慶愛★元竜花★鄭玉順★李京生★ 鄭金玉★魯賢花★金哲順★ 金香淑★李相玉★李桂月★

(台湾)

★陳寶★郭玉珠★郭阿娥★陳阿嬌★陳阿治★曾阿雪★蔡桂英★駱張櫻花★張錦★黄真★陳運妹★楊李玉串★蔡秀★黄阿厚★雷春芳★陳呉是★李于★李木蘭★何玉★彭阿未★呂金★徐小嬌★林阿月★林何秀★林央★林美卿★洪善★徐子好★林金妹★許金★

(フィリピン)

★プラシーダ・バラハイ★エステール・G・モラス★マリア・デュイテス★マリーナ・フェリシアーノ★ローデス・ガスパール★シンプリシア・マリラグ★エデュアーラ・アロ★カタリーナ・ウハルサ★コラソン・コルネル★ロリータ・コンソラシオン★バシリーサ・ガナンシャル★コンセプシオン・レイエス★フェリシダッド・ヒラド★ルミジア・マカパガル★エスペランサ・トロサ★フェ・フレスノサ・ヘディア★マフ
エロ・アデリーナ★マリア・デル・カンポ★ネナ・バルモリ★プリータ・カニエド★マリア・ロサ・ルナ・ヘンソン★ベテリアーナ・カニエソ★カネソ・バルティナ・ブチロン★ファニータ・ハモット★フニティータ・ヴィラヌェヴァ★フランシスカ・マカベベ★ルシア・アルバレス★マリア・マナレス★ペトロネラ・フェルナンデス★リディア・アントニオ★フランシスカ・ボルハ★クリサンタ・エストロニーオ★パシータ・サンテリアン★ウルデゥヤ・サモンテ★フローラ・バンドン★コレア・シメオン★レメディオス・フェリアス★ロベルタ・カバリャ★エルトルード・バリサリサ★レメディオス・バレンシア★ヴィオレッタ・ランサローテ★アモニタ・バラハディア★プリシラ・バルトニコ★バターンのロラ★ルシア・オペラック(インドネシア)

★スハナ

(東チモール)

★エルダ・サルダーニャ★エスメラルダ・ボエ★ブランカ

(中国)

★趙潤玉★楊喜何★趙存女尼★楊時珍★候巧蓮★王変良★張吾召★張林桃★尹林香★鄭順意★李蓮春★伍来春★黄鳥仲★譚玉連★朱巧妹★郭亜符★陸秀珍★南二僕★候冬娥

★ほか、多くの名も知れぬ方々

2005年10月22日 旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・全国実行委員会

 わたしたちは、昨年12月4日「全国同時証言集会」を開催しました。韓国の ナヌムの家を訪れた若い世代への呼びかけから始まったこの企画は、最終的に全国10ヵ所(新潟・東京・神奈川・静岡・京都・大阪・広島・高知・福岡・沖縄)に広がり、多くの方に参加していただくことができました。

 今年は10月22日に「旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画」を共通タイトルとして、東京・京都・大阪・広島・福岡・沖縄(5/20現在)などの地域で企画を予定しています。多くの方々の参加、ご協力をお待ちしております。 今年は京都が全国のとりまとめ役を担当します。ご意見、ご質問、「うちの地域でもぜひやりたい!」「自分の住んでいる場所の近くにある実行委はどこ?」などのご質問・ご連絡は、welcomeharumoni@hotmail.com へ。

昨年度の活動の記録は、http://www.geocities.jp/kesenai_kioku_04/index.htm
をご覧ください。

2005年9月29日 釜石裁判控訴審・判決

日時:2005年9月29日 14:40
場所:東京高裁824号法廷

2005年9月28日 海南島戦時性暴力被害賠償請求裁判

日時:2005年9月28日 11:00
場所:東京地裁627号法廷

2005年9月14日 チチハル遺棄毒ガス被害裁判

日時:2005年9月14日 13:30-16:30
場所:東京高裁101号法廷
連絡先:03-3268-1993

吉見義明氏/元軍属の証言

2005年9月1日 GUNGUN裁判

日時:2005年9月1日 13:30-17:00
場所:東京地裁710号法廷
主催:在韓軍人軍属裁判を支援する会
   関東事務局 090-4220-5427
   http://www.gun-gun.jp/

2005年8月15日

2005年8月15日 前後2週間
台湾:アーマ写真展・交流協会(日本大使館に相当)前でのデモなどを企画

2005年8月12日 戦後60年!世界連帯8月行動 国際署名ハルモニたち提出

日時:2005年8月12日 12:00-13:30
場所: 院内集会(参議院議員会館・会議室)
主催:戦後60年、日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワーク
   fax 03-3686-1954 asc_register@yahoo.co.jp

キム・ウオノクハルモニ/ファン・クムジュハルモニ/チャン・ジョムドルハルモニ/イ・ヨンスハルモニ
韓国挺身隊問題対策協議会/ユン・スンニョさん/ユン・ミヒャンさん/アン・ミヒョンさん


戦後60年!世界連帯8月行動 国際署名提出報告集会

日時:2005年8月12日 16:00-21:00
場所:東京・渋谷・ウイメンズプラザホール
主催:戦後60年日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワーク
   fax 03-3686-1954 asc_register@yahoo.co.jp

「慰安婦」問題の即時解決を! 「日本政府は被害者の声に応えよ!」
発言:ハルモニ/挺対協/

2005年8月12日 「日本政府は『慰安婦』問題の即時解決を!」(仮題)集会

日時:2005年8月12日 16:00-21:00
場所:東京・渋谷・ウイメンズプラザホール
主催:戦後60年、日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワーク
   fax 03-3686-1954

2005年8月11-15日 愛知・戦争展/ 立法解決・NHK裁判・台湾被害女性等のパネルビデオ上映

日時:2005年8月11~15日
場所:愛知県中小企業センター
(旧日本軍による性的被害女性を支える会参加)

2005年8月10日 戦後60年!世界連帯8月行動 

ソウル: 12:00-13:00 韓国(4ヵ所)

オランダ(60日デモ)

台湾(2週間行動)

フィリピン(3日)

ドイツ(2箇所)

アメリカ(4ヵ所)

カナダ

日本(4箇所以上)(7月2日現在)

12:00-14:00 東京:議員会館周辺・スタンディング/共同声明等・アピール
戦後60年、日本軍「慰安婦」問題緊急行動ネットワーク
fax 03-3686-1954 asc_register@yahoo.co.jp

18:00 福岡:警固公園集会・18:30-デモ
早よつくろう!「慰安婦」問題解決法ネットふくおか他
℡:092-713-1879

16:00-17:00 名古屋:名古屋駅桜通口周辺/国際署名・アピール
旧日本軍による性的被害女性を支える会

18:00 京都:三条河原町アーケイドでプラカードとビラ撒きその後四条河原町までデモの予定
全国同時証言集会・京都実行委員会
TEL091-8124-7752 welcomeharumoni@hotmail.com

12:00-13:00 広島:広島市平和記念公園原爆ドーム前/座り込み、歌、メッセージ朗読、署名、チラシ配布

「関釜裁判を支える広島連絡会」090-3632-1410/082-923-6318
18:30 "大阪:京浜淀屋橋陸橋北側、大阪市役所南/ミニ集会→ピースウォーク/スタンディング・パフォーマンス

地下鉄・京阪淀屋橋下車・市役所前
8・10世界連帯行動につながる大阪実行委員会在日韓国民主女性会大阪(ヨソンフェ) tel&FAX 06(6712)0373

18:30-19:30 神戸:JR新長田駅前広場・サイレントデモ

2005年8月9-10日

日時:2005年8月9-10日
フィリピン:日本大使館前/キャンドルライティングセレモニー/プログラム・夜営/世界共同デモ連帯集会:デモ

2005年8月6日・7日 戦後60年 共生のアジアを!フォーラム8.6-7

日時:2005年8月6日・7日
場所:東大駒場・13号館の1313
主催:全国企業ネット

2005年8月6日 『沈黙を破った女性たちとともに歩んで―戦時性暴力被害女性たちと私たち―』

日時:2005年8月6日 14:00-16:30

2005年8月4日 政府交渉

2005年8月4日 政府交渉

2005年8月3日 マパニケのロラの証言と交流会戦後60年、被害者はどんな気持ちでいるのか?

日時:2005年8月3日 18:30
場所:三鷹市三鷹市民協同センター(Tel0422-46-0048)
主催:フィリピン元「慰安婦」支援ネット・三多摩
   tel 0422-34-5498

2005年8月3日 8.4チチハル毒ガス被害者の要求をとどける緊急アピール集会

日時:2005年8月3日
場所:弁護士会館2階 クレオ(丸の内線霞ヶ関B1-b 03-3268-1993

2005年8月2-7日 平和のための戦争展:日本軍性奴隷制(「慰安婦」制度)のパネル展示と講演会

日時:2005年8月2-7日
場所:京都 立命館大学国際平和ミュージアム 209号室
参加費:無料

2005年7月31日 女たちの戦争と平和資料館オープニング

日時:2005年7月31日
場所:早稲田・スコットホール 女たちの戦争と平和資料館

2005年7月25日 フォーラム「国会両院憲法調査会報告書を読む」

日時:2005年7月25日 14:00
場所:専修大学神田校舎7号館
主催:憲法調査会を傍聴・監視して来た市民団体


2005年7月23日 戦後60年「慰安婦」ハルモニたちの今を聴く

日時:2005年7月23日 14:00-17:00
場所:福岡バプテスト教会(092-741-6256)
参加費:カンパ700円・大学生500円・高校生以下無料
主催:早よつくろう!「慰安婦」問題解決法ネットふくおか他

2005年7月20日 講演会「若者たちとナショナリズム」(仮)

日時:2005年7月20日 18:30
場所:シビックホ-ル3階会議室
参加費:700円
主催:国連・憲法問題研究会 3264-4195

『沈黙の海峡』
東京ギンガ堂+ソウル市劇団国際共同制作公演日本公演
作・演出 品川能正

電子チケットピア tel 0570-02-9999 前売 4,500円 当日 5,000円

2005年7月20 海南島戦時性暴力被害賠償請求裁判

日時:2005年7月20 14:00

2005年7月20日 NHK裁判

2005年7月20日 NHK裁判

2005年7月19日 731・細菌戦裁判

日時:2005年7月19日 14:30
場所:東京高裁101号法廷

17:00-20:00 731・細菌戦裁判 判決報告会
http://www.anti731saikinsen.net 弁護士会館(10階1003-ABCD)

2005年7月18日 強制動員真相究明ネットワ-ク発足

日時:13:30-16:00
場所:YMCAアジア青少年センタ-(東京・水道橋)
参加費:個人:5千円 団体:1万円
主催:「強制動員真相究明ネットワ-ク」準備委員会事務局
   TEL 092-732-3483
   E-mail kyumei@nifty.com

2005年7月14日 在韓軍人軍属裁判

日時:2005年7月14日 13:30-17:00
場所:東京地裁710号法廷

在韓軍人軍属(グングン)裁判を支援する会
http://homepage2.nifty.com/gungun/

2005年7月10日 アジア・フォ-ラム フィ-ルドワ-ク 「新宿戦跡めぐり」

日時:2005年7月10日 14:00-17:00
集合:地下鉄東西線 早稲田駅2番出口

主催:アジア・フォ-ラム三多摩・東京実行委員会
   asiaforum3tama@hotmail.com
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。